ごっこ遊び

3歳0ヶ月。

【How old are you?(何さい?)】

ここ数ヶ月でおうちごっこが上手になったSmileですが、ぬいぐるみ、花、クッション、石ころ、すべてに命が宿っているかのように話しかけるときがあります。道を歩いていて、花壇を見つけたら、

  • Smile: Hello, flower! What’s your name?(こんにちは、お花さん。お名前は?)
  • わたし:《どう答えていいか分からず》Um, my name is Flower.(えと、「お花」です)
  • Smile: How old are you?(何さい?)
  • わたし:Uh, I don’t know. Maybe, a month old?(えーと、どうなのかな。多分、一ヶ月?)

こういう質問は、非常に答えづらく、毎回、回答に困ります。「種から発芽するのは何日くらいで・・・」など知識もないので、いつも適当。この前は、自分の靴下に対して”How old are you?”と聞いていて、「工場での出来上がりから、出荷して届いたのは何日くらいで・・・」というように逆算して適当に答えました。大人には全くない発想なので、こちらもどぎまぎ。

【クッションごっこ】

そして今日は、急にクッションになりたくなったようで、

  • Smile: 《座っているわたしの背中の方へ回り》I’m gonna be a cushion, okay?(わたしがクッションになるからね?)
  • わたし: You’re gonna be a cushion? Okay, then can I lean against you?(クッションになるの?わかった。じゃあ、倚りかかっていい?)
  • Smile:《けたけた笑いながら》Yes.
  • Smile: 《椅子から下りて》Okay, you’re gonna be a chair!(じゃあ、お母さんが椅子ね)
  • わたし:I’m going to be a chair? Okay? Then why don’t you come here and sit on my lap?(わたしが椅子?わかった。それじゃあ、こっちに来てお母さんの膝に座ったら?)
  • Smile: Okay!(うん!)

「何ごっこだ?」と言う感じでしたが、とりあえず言われた通りにやったら、どうやら満足したようでした。

子どもにとってみたら、葉っぱ一枚でも想像の源。そういえば、わたしもそうだったなぁと、Smileを見ていると自分が子どもだったときのことを思い出します。