間違いを訂正する

3歳0ヶ月。

日本語も英語も、まだまだ文法的にも表現的にも間違いが多いSmileですが、会話が途切れない程度に間違いを訂正する場合もあれば、そのまま会話を続けることもあります。

ライティングでもスピーキングでも、学習者のアウトプットの場で、文法的な間違いを訂正することの意義と必要性は、長いこと第二言語習得研究の場でも議論されてきました。

  • Fluency(流暢さ)vs. Accuracy(正確さ)

どちらを優先するか、どのように間違いを訂正するか(はっきり訂正するか、遠回しに訂正するか)、仮に訂正したとしても学習者がそれに気が付くか、ということも問題になってきます。

Fluency(流暢さ)を優先した場合、学習者は言語を使うことに対して自信が持てるようになり、より表現しようとするけれど、正しい文法を身につけられるとは限らない。

反対に、Accuracy(正確さ)を優先し、学習者が間違える度に訂正していたら、学習者のやる気をなくさせる可能性もあるし、新しい表現を使わなくなってしまうかもしれない。

Smileとわたしは親子なので、間違える度に直しても、そこまで悪い影響はないと思っていますが、会話の流れはなるべく中断させたくないし、反対に直接的でない訂正は気付かれない場合が多いので、工夫が必要だと感じています。

【直接的に直す】

  • Smile: 《前日に描いた絵をお父さんに見せたくて》Daddyにshow it したいの。
  • わたし:Daddy に見せたいの
  • Smile: うん!見せたいの
  • Smile: 《お絵描きしている最中に》ねぇねぇ、どうやってdrawするの?
  • わたし:どうやって書くの
  • Smile: どうやって書くの
  • Smile: When I was five years old, I wanna eat chocolate.(5歳だったときにチョコレート食べたいの)
  • わたし:When I am five years old.(5歳になったら)
  • Smile: When I am five years old.

【遠回しに直す】

  • Smile: 《両手を広げて》When I was bigger and bigger, I wanna walk all by myself!(もっともっと大きかったとき、一人で歩きたいの)
  • わたし:Yes, you can walk by yourself when you are older. (そうね、もう少し大きくなったら一人で歩けるね)
  • Smile: 《頷いて》Yes.(うん)

直接的に直したいときは、発語全てを正しい文に言い直し、”You”と言うべきところも”I “とそのまま使います。Smileが「自分の発話が直されている」とより明確に分かるからです。

遠回しに直したいときは、間違えた部分だけを訂正し、会話の中で言い直します。

第一言語習得の場合は、母親は意味に重点を置くために(Focus on Meaning)、遠回しに直すことが多いそうですが、上のSmileのように、訂正されたこと自体に気が付かず、そのまま会話が続けられることが多いようです。

教室環境では、また親子とは違う状況なので、フィードバックの与え方にも、より様々な面で配慮が必要になると思います。

交渉の毎日

3歳0ヶ月。

今日は、バイリンガル育児をするお友達が遊びに来てくれました。Smileと年齢がほとんど同じくらいのお友達だったので、Smileの気の強さとぶつからないか心配でしたが、3人とも仲良く遊んでくれてお母さん達もゆっくりお話できました。

3歳になり、だいぶお姉ちゃんになりましたが、交渉の日々はまだまだ続いています。

【Sharing(シェアすること)】

だいぶ上手になりましたが、Smileがまだ練習中なのが シェアすること。今日も何度か、”Can I use it?(貸して)”と言うお友達に対して、口をムッと真一文字にして、オモチャを貸せないときがありました。

そんなときはいつも「見えないバケツ」のお話を引き合いに出します。

プリスクールのお友達に教えてもらった絵本”Have You Filled a Bucket Today?”は、誰かに良いことをしたら、自分のバケツも相手のバケツも満たすことができるというお話。シェアできないときにいつも引き合いに出すお話です。

  • Smile:《お友達が自分のオモチャを手にしているのを見て》That’s mine!(それ、わたしの!)
  • わたし:I know it’s yours. But can you let her use it?(そうね。でも使わせてあげられる?)
  • Smile: 《返事しない》
  • わたし:Look at your bucket. Do you want to fill a bucket by sharing your toys?(Smileのバケツ、見てみて?オモチャを貸してあげて、バケツを満たしたい?)
  • Smile:《頷いてお友達にオモチャを手渡す》
  • わたし:Thank you. Mommy’s so proud that you’re sharing your toys.(ありがとう。オモチャをシェアできてお母さん嬉しい)

51YoDVrYYuL

“You need to share.(貸してあげなさい)”や”Share your toys!”のように強い言葉を使わなくて済むので、わたしにもSmileにも負担がかかりません。

【”Don’t want to” vs. “Don’t have to”(「やりたくない」vs. 「やらなくていい」)】

週末、お風呂に入りたくないSmileと、入らせようと説得する夫のやり取りをしばらく別の部屋で聞いていたのだけれど、どうやらSmile優勢なので、割って入ることに。

  • お父さん:お風呂はいろうよ
  • Smile: おふろ はいらないよ
  • お父さん:お風呂はいらないと汗臭いよ
  • Smile:《口調が強くなり》おふろ は い ら な い!
  • わたし:《浴室から叫んで》Okay, you don’t have to take a shower, but we’re gonna have to stay home today. Oh my goodness! That’s gonna be so boring!(わかった。シャワー浴びなくていいよ。でもそしたらオウチに居なきゃね。大変!そんなのつまらないね!)
  • Smile: No!(いや!)
  • わたし:But you said you didn’t want to, so you don’t have to.(でも入りたくないって言ったでしょう?だから入る必要はないよ)
  • Smile: I want to!(入りたいの!)

この後、あっさりシャワーを浴びてくれました。イヤイヤの時とはまた違う、交渉術が必要になってきました。この交渉もいつまで通用するか・・・。