To do eating

2歳11ヶ月。

【Overgeneralization(言語ルールを適用範囲外に当てはめる)】

お話が上手になってからずっとですが、Smileは食事中に沢山お話をします。話や質問に夢中になりすぎて、ご飯がなかなか進まないほど。今日もなかなか食べ終わらないので、早く食べるように促すと、ピシャリと言い返されてしまいました。

  • Smile: It takes some time.(時間がかかるの)
  • わたし: It takes time to do what?(なにするのに時間がかかるの?)
  • Smile: To do eating.(食べることをするのに)
  • わたし: You mean, to eat?(食べるのに、という意味?)
  • Smile: 《頷いて》To eat.(食べるのに)

いつもSmileに”What are you doing?(何してるの?)”と聞かれる度に、”I’m doing the dishes.(お皿洗ってるの)”、”I’m doing the laundry.(洗濯してるの)”、”I’m vacuuming.(掃除機かけてるの)”とか、-ing形で答えることが多いためか、「食べること=do eating」というようにSmileなりに一般化しているのかもしれません。

それにしても、「食べるのには時間がかかるんだから、急かさないで」というように大人顔負けの口答え。参りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中