命あるもの、ないもの

2歳11ヶ月。

【命のあるもの、ないもの】

少し前から命について考えさせられるような機会に恵まれているSmile。今日は、道ばたに蝉の死骸があるのを見て、こんな会話をしました。

  • Smile: Mommy, I’m scared.(こわいよ)
  • わたし: You don’t have to be scared. The cicada’s dead, so it’ll do no harm.(怖がる必要はないのよ。もう死んでるから何もしないよ)
  • Smile: Dead?(死んでる?)
  • わたし:It’s not alive anymore.(もう生きてないのよ)
  • Smile: Not alive?(生きてないの?)
  • わたし: It’s not breathing anymore. Your great grandma is not alive. But mommy, daddy, and you are alive.(もう息してないの。でもお父さん、お母さん、Smileは生きてるよ)
  • Smile: Alive

もちろん、まだ「死」について理解するのは難しいと思いますが、deadaliveの概念は少し理解できたようです。プリスクールでも、Living vs. Nonliving(命あるもの vs. ないもの)の勉強を始める年齢になったので、もう少し理解が深まると思っています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s