体調を表現する

2歳10ヶ月。

お昼ご飯を食べていたときのこと。Smileがわたしを見て一言。

  • Mommy, I’m cold.

エアコンがSmileの頭上にあり直接風が当たっているのかと思い、エアコンを消すと、

  • Are you cold, too?

よくコミュケーション論で、日本人は間接表現を好むということを耳にします。今のSmileとのやり取りで言えば、「エアコンを消して欲しい」と直接的に言うのではなく、「部屋が少し寒いね」など間接的に表現して、「消して欲しい」ということを暗に意図するということ。

一瞬、Smileもこの間接表現を使っているのかと思いましたが、エアコンがついているから部屋が涼しいことも理解していないだろうことから、単純に今の状態を表現したのではないかと思います。

お昼ご飯を食べ終わった後、気分が悪そうにしていたと思ったら、突然嘔吐。わたしもビックリして、”Are you okay?”と聞くと、

  • Yes, I eat (ate) too much.

これには少しビックリしました。今までは、気分が悪くても自分の体調を相手に伝えることが出来なかったので、3歳に近づき、Cognitive ability(認知能力)も上がってきたのだと感じました。

もう赤ちゃんではないのだなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中