OPOL

バイリンガル育児にするに至り、まず手っ取り早くOne Parent/Person One Language (OPOL)の方法を取ることにしました。私が英語、夫が日本語です。

OPOLと言っても、ゆるーいOPOLです。私が、日本語を使うと、私の方が日本語に引っ張られてしまう可能性があるので、主に家で使う言語を英語に切り替えるだけ。

そのため日本語を使わないという訳では全くなく、日本語環境のときは日本語で語りかけ。そして、「これは日本語でしか表現できない」とか、「これは日本語で言わなければしっくりこない」という状況になれば日本語です。

初めは、日本語でSmileに話しかけることに慣れすぎていて、家の中で英語を使うというだけでも抵抗感を感じる毎日でした。また、1歳7ヶ月から、自発的に英語が出てくる1歳9ヶ月あたりまでは、一方的に話しかけなければならないので、モチベーションを保つのに一苦労でした…。

かなり助けられているのが、わたしの両親と姉達の存在。みんな、多少はSmileに対して英語で話しかけてくれるので、わたしもモチベーションを維持することができました。

そうすることで、わたし自身の中でも変化が。幼少期に感じていた、「英語は自分の言語である」という感覚が戻ってきたのです。大学院時代にもなかった感情です。

OPOL」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 始まり | Little Miss SMILE

  2. ピンバック: はじまり | Little Miss SMILE

  3. ピンバック: バイリンガル育児のきっかけ | Little Miss SMILE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中