発話を引き出す 

英語に切り替える上で一番心掛けたことは、発語を引き出すということです。

【Yes/Noで答えられる質問】

  • 《おやつを見せながら》Do you want snacks?

初めはどう答えていいか分からないので、こちらから答えを用意してあげます。

  • Yes please? No thank you?

これでSmileの答えを引き出すまでに数日もかかりませんでした。発語を促すと同時に、Yes pleaseNo thank you.などの答え方も覚えられます。

【Whatを使った質問】

  • 《外を歩きながら》What’s that? /What’s this?

“Doggy.”などSmileから答えが出てきたら、Positive reinforcement(褒める)をします。

  • That’s right. It’s a doggie!

もし答えが出てこなかったら、

  • It’s a doggie.

と私が答えます。

Whatを使って質問することで、一気に英単語が増えました。
【Whereを使った質問】

「どこ」という概念を理解させるため、Whereを使って質問するだけでなく、色んな答えを用意します。

  • Where’s your daddy?
  • Is he in the bedroom? Or is he in the livingroom?

初めは一緒に探してあげて見つけたら

  • There he is!(いたね!)と答えてあげる。

【Whoを使った質問】

Whoも覚えやすいので、電話が鳴ったり、インターホンが鳴ったりする度に、

  • Who’s that?

写真を見て指さしながら、

  • Who’s this?

“Grandma”と答えられたら、フルセンテンスで褒めてあげます。

  • That’s right! It’s your grandma.

What/Where/Whoの理解は比較的早く、2歳3ヶ月あたりで自分でも使えるようになりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中