はじまり

これは、娘Smileのバイリンガルへの道のりを記録した日記です。

その前にわたしのことについて少し。なぜバイリンガル育児に辿り着いたのかを書きたいと思います。


 

幼少の頃、5年半をアメリカで過ごす。

帰国後、「自分の言語である英語を失ってしまう」という恐怖感から、英語に対してコンプレックスを抱くようになる。

母親が英語で語り掛けをしたり、お風呂の中で英語の歌を歌ったり、英語を話す環境を積極的に作ったりするも、抵抗感を示す。「分かるけど、言葉が出て来ない」というのと、「母親との会話は日本語」という意識が強かったのが理由。

内にこもってしまい、自分から英語を話すことをしなくなる。

中学、高校は「日本の英語教育」を経験。母親の努力のお陰で、発音とリスニング力は残っていたため、周りから「帰国子女」扱いされる。

でも自分の中では、「英語が出来ない」というコンプレックスがあったため、「帰国子女」と呼ばれることに対して複雑な心境。

「悪い点数を取ったら恥ずかしい」という想いから、教科書を丸暗記するほど猛勉強。そのため英語は常に得意科目。

英語の強い大学に入り、インターナショナルスクール上がりのクラスメイトの英語力の高さに衝撃を受ける。ここで「本当の読み書き」の基礎を築く。

卒業後、アメリカの大学院へ留学。

社会言語学と英語教授法を専攻。『英語習得とアイデンティティーの変移』について研究。

現地の語学学校で英語講師として働きながら修士号を取得。

ここでやっと「英語へのコンプレックス」から解放される。

日本に帰国後も英語講師として働く。当時は、対象が大人や留学生だったため、幼児英語に関する知識も興味もあまりない。

出産を機に、幼児英語への興味が一気に高まる。

自分が抱いたようなコンプレックスを娘には感じさせたくないという想いから、母語である日本語が確立する前の、1歳7ヶ月の頃からバイリンガル育児を始める。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s