インプットとしての動画

4歳10ヶ月。

久しぶりにSmileが発熱して、楽しみにしていたサマープログラムは 一日だけお休みして自宅で休んでいます。

熱も落ち着いたので、Smileのリクエストで借りた”The Little Prince(リトルプリンス 星の王子さまと私)”を観ているところです。

インプットとしては、少し難しいですが、小さい女の子が主人公ということで、Smileにも理解できる台詞が6割ちょっと、という感じでしょうか。

最近は動画のレベルをそこまで考えなくなりましたが、Smileが赤ちゃんのときは 動画選びには気を遣っていました。

Smileが1歳の頃、動画として観ていたのは、主に二つ。

DWE(ディズニー英語システム)のサンプルDVDと

Mommy & Me: Playgroup Favorites(ママ&ベビー プレイグループ)”のDVD。

Mommy & Me“は、アメリカのプレイグループの様子を映像化したもので、お母さんやお父さんが子どもと一緒に歌ったり動いたりしています。

近所の英語プレイグループは、隔週だったので、家でも同じようなことをしたいという思いで購入しました。

他にも赤ちゃん向けの動画はたくさんあると思いますが、当時は この二つを繰り返し観ていました。

この二つの動画に共通するのは、どちらも歌がメインになっていて、

映像を観せなくても、日常的に わたしとSmileで歌ったり、動いたりできること。

つまり 動画で観た内容を、わたしとのインタラクションを通して 定着させることができたのです。

以前、インプットは、相手にとって理解可能なレベルであって、インプットに「気付く」ように繰り返し与えられなければならない、と書きました(過去の記事『意味のあるインプット』)。

年齢が高くなれば、同じものばかりだと飽きてしまうこともあるかと思いますが、子どもが幼ければ幼いほど、繰り返しの要素は重要と考えています。

繰り返し同じ音を聴くことで、その情報の文法要素に気付き、内在化しやすくなるからです。

赤ちゃんであれば、毎日 同じ歌を一緒に歌ってもいいと思います。

DWEのサンプルDVDにいたっては、Smileが好きで観すぎて、傷が入り、プレーヤーで読み取れなくなるほど。

下の動画は2歳になったばかりのSmile。DWEのサンプルDVDを観ているところ。

初めは手を叩いたり、身体が揺れるだけでしたが、この頃から、動画を描写するような発話も出始めました。


近所の英語プレイグループで会った お友達とは今でも仲良し。

出会った頃、Smileは8ヶ月。お友達は3ヶ月のベビーちゃんでした。

 

何のためのプリスクール?

4歳10ヶ月。

以前、Smileのプリスクールは インターナショナルスクールとは 違うと書きましたが、バイリンガル幼稚園とも少し異なります(過去の記事『インターではない プリスクール』)。

日本だと、cooperative preschool (親参加型プリスクール)の概念が あまり浸透していないからなのか、なかなかイメージしづらいようです。

「プリスクールでは英語なの?」と聞かれて、そうではないことが多い、と答えると、

「それは 困るね」と言われることもあります。

確かに インターに行かせていて、英語の上達が最優先であったのなら、 わたしも困っていたかもしれません。

でも、Smileのプリスクールでは、言語の選択は お当番になった お母さんと、通う子どもが使う言語次第。

英語が分からない子がいたら、こちらも日本語で声がけすることも多くなるし、

子ども同士も、英語を話さない子が過半数だったら 一日中、日本語です。

反対に 日本語を話さない子がいたら、子どもなりに考えて 英語と日本語を使い分けています。

最近では 引越しや帰国などで、英語しか話さない子は ほとんどいなくなったので、子どもの日本語率は 以前に比べて圧倒的に高くなりました。

半年ほど前、プリスクールでは6割が日本語と書きましたが、今現在は日本語は8割以上でしょうか(過去の記事『英語と日本語の割合』)。

でも プリスクールで大事にしているのは、

  • きちんと挨拶する
  • 「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える
  • 座るべきときは きちんと座る
  • 人の話をきちんと聞く
  • 自分の身の回りのことは 自分でする
  • 散らかしたら 自分で片付ける
  • お友達を思いやる
  • 大人や友達に対して 失礼な態度を取らない

こういったことが 日本語でも英語でも出来るようになること。

英語で読み書きが上手に出来たり、算数が出来ても プリスクールでは すごいことではありません。

上に書いたことが出来なければ、出来るようになるまで 根気強く 子どもと接します。

こういう意味で、プリスクールでの使用言語は さほど重要とはされていません。その言葉が 子どもに伝わることが一番 大切だからです。

Smileがプリスクールに行くのは何のためだろう?

最近、改めて考えますが、言語は2割。上記に挙げたような、色んな面でバランス感覚を身につけて欲しい、という想いが8割。

わたしのバイリンガル育児の軸となるものでもあります(過去の記事『Cooperative Preschoolとの出会い』)。

 

剣道の時間。鉢巻を締めて 気合を入れます。

いよいよ明日から

4歳10ヶ月。

今は、プリスクールは週2回ほどなので、夏休みと言っても普段とあまり変わらない生活をしています(過去の記事 『インターではないプリスクール』)。

でも、明日から 3日間のサマープログラムがあるので 今から とても楽しみ。

3日間、毎日テーマが決まっていて、その国のことを勉強したり体験したりします。

一昨年、サマープログラムに参加したとき、Smileは3歳になる直前だったのですが、

そのときは インド、ハワイ、イタリアの3カ国。印象的だったのは、インド。

姉家族がちょうどインドへ引っ越す前だったので、Smileも興味津々で参加していました。

下の写真は、プログラムに参加するにあたり配られたパスポート。国旗やスタンプを切り貼りするのは 子どもたちの お仕事。

子どもたちは 何となく旅行気分。

下は、タージマハルのクラフト。色づけをして、この切り絵を貼っただけですが、未だにSmileのお気に入りのクラフト(過去の記事 『多様性』)。 

下の写真は、ハワイの日で フラを踊っているところ。Smileは 左から2番目。手で 「お花」を表現しています。


今年は、クロアチア、オーストラリア、タイの3カ国だそうです。どんな体験をしてくるのかな。

色んな国を身近に感じられる。そんな企画を考えてくれるプリスクールの先生に感謝の気持ちしかありません。

懐かしい動画

4歳10ヶ月。

先日、昔の動画を見返していたら、懐かしいものが出てきました。

Smileが2歳4ヶ月のときの動画です。

Smileがトイレトレーニングを始めたのは2歳4ヶ月のとき。動画を撮るちょっと後のことです(過去の記事『Potty Training(トイレトレーニング)』)。

わたしがしたトレーニングは、トレーニングを始めると決めた その日から オムツは一切履かせない、というやり方。

周りに言うと かなりびっくりされますが、プリスクールに通う子たちは 大体がこのやり方で、一ヶ月以内に完了します。

完了したあとも もちろん失敗はありましたが、Smileの時も1週間で終わりました。

でも、このときに何が大変だったかというと、トイレに行きたがらないSmileと向き合い、話し合い、トイレに行くことを納得してもらうということ。

今でこそ “Do you need to go to the washroom?(トイレ行く?)”という問いかけをしますが、当時はしませんでした。

必ずと言っていいほど、”No!(いや!)”と返ってくるからです。

代わりにしたのは、”There’s no washroom on the way home. So let’s go potty now.(帰り道にトイレはないから、今 トイレに行っておこうね)”という問いかけ。

こういう問いかけでも”No”が返ってくることがほとんどでしたが、ここからが交渉の始まり。あの手この手で Smileをトイレに誘導する毎日でした。

下の動画は、そんな格闘の直前のもの。

オムツではない、大人と同じ布パンツを見て Smileもテンションが上がっています。

この頃は、簡単な動作は大体 表現できるようになっていましたが、まだ こちらが発話を引き出すことも多かったように思います。

  • わたし: What’s same?(何が同じ?)
  • Smile: This…(これ…)
  • わたし:Same as whose? Same as….(誰と同じ?….と同じね)
  • Smile: Mommy!(お母さん!)
  • わたし:Yeah. Same as mommy’s panty.(そう。お母さんと同じ布パンツね)
  • Smile: Can I wear it?(はいてもいい?)
  • わたし:First, you need to wash them. And you need to practice sitting on a potty. And do pee pee and poo poo in the potty. Yeah? And then, you can wear…those panties. Wow, you’ve got different kinds of panties.(まずは洗わないとね。それで、トイレに座る練習をしないとね。それから、トイレにおしっことウンチをする練習をしないとね。そうしたら、そのパンツはいていいよ。わぁ。いろんな種類のパンツがあるね)
  • Smile: Yes!(うん!)
  • わたし:Yeah? Flowers? …And stripes? (ね?お花と?ストライプと?)
  • Smile: 《パンツを袋から取り出す》
  • わたし:Wow…. Do you like them?(わぁ。気に入った?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:What do you say?(何て言うのかな)
  • Smile: Thank you.(ありがとう)
  • わたし:You’re welcome. Are you happy?(どういたしまして。うれしい?)
  • Smile: Yes! 《パンツを包んでいるビニールを取りながら》…is this. What is this?(うん!これなに?)

今だに 走ってトイレを探すときもありますが、替えのパンツも持ち歩かなくなるほど、わたしも身軽になりました。

はじめての 絵本CDかけ流し?

4歳10ヶ月。

先日の洋書セールで、”Corduroy(くまのコールテンくん)”という絵本を買ったのですが、この絵本、CDも付いて700円(過去の記事『洋書セールに興奮』)。

今まで、絵本は全てわたしが読み聞かせていたので、CD付きの絵本を買ったことはほとんどありませんでした。

でも おうち英語のお友達に「ストーリーが可愛くて いいよ」と勧められ、買ってみたところ、

これが なんとも じんわり心が温まるような、何度でも読みたくなるような お話。

CD付きの絵本ということもあり、Smileには目新しく、大喜び。

“I wanna listen to the CD(CD聴きたい)”と言うので、CDを かけ流すことに。

英語の歌は よく かけ流していますが、絵本の朗読CDを流すというのは Smileにとって初めて。

「シャラン」と音が鳴ったら、ページをめくる、という動作も初めて。最初はなかなか慣れずに、CDにかぶせるように音読するSmile。

「CDを聴きながら、声に出さなくてもいいんだよ」と言うと、やっと 要領がつかめた様子。

くまのコーデュロイは、デパート売り場で 誰かが買ってくれるのを待っています。

でも緑のオーバーオールを着たクマを買ってくれる人は、誰もいませんでした。

ある朝、一人の女の子がコーデュロイの前で立ち止まりますが、お母さんは 「ボタンも取れてるし」と 女の子をたしなめてその場を去ります。

そこで ボタンをなくしていたことに気がついた コーデュロイ。

その夜、一人でボタンを探しにデパートの中を探しに行きます。

その途中でいろんな冒険が待っていますが、結局 警備員に見つかり 連れ戻されてしまいます。

次の朝、あの女の子が戻ってきて、コーデュロイに話しかけます。


こうして、コーデュロイは心優しい女の子に連れられて 女の子の家へ行く…という、心温まる お話。

読み聞かせるときと違って、効果音やリアルな音声も臨場感があって気に入ったようです。

下の動画は、かけ流ししているときの様子。

わたしが読み聞かせるときは、話の途中で Smileに質問したり、コメントを入れたりして、Smileの反応を見ながら読み進めることができます。

でも たまには 絵本の音源かけ流しもいいものだなぁ。

英語でヨガ

4歳9ヶ月。

先日、お友達に誘われて、キッズヨガの体験に行ってきました。

インストラクターの Lさんはイギリス人。共通のママ友達がたくさんいるので、顔は以前から知っていましたが、会うのは初めて。

子どもにも慣れていて、とても気さくな方。わたしもSmileも、すぐにLさんのことが好きになりました。

今回、ヨガクラスに参加したのは、Smileと お友達とで3人。みんな バイリンガルです。

Lさんがクラスの様子を動画で撮ってくれたので、子ども達の様子はあとて見たのですが、Smileもとても楽しんでいたようです。

何よりも、Lさんが本当に上手に子どもたちを誘導して、遊びの要素を取り入れつつ ヨガのポーズを教えていることに感心。

今はスケジュールがいっぱいなので、毎週の参加は難しそうですが、こうやってSmileが、お友達と英語で楽しめる場があるのもいいな、と。

お友達と相談して9月あたりから月に2回くらいのペースで通うことになるかもしれません。

下は、動画でのやり取りから。うっかりSmileに水を持たせるのを忘れていたのですが、ちゃんと自分で主張していることが可笑しくなりました。

  • L:Your mommy will be back really soon. So don’t worry, okay? All right.(お母さんたち、すぐ戻ってくるからね。心配しなくて大丈夫よ。さて)
  • Smile: My mommy has my drink.(お母さんが わたしの飲み物持ってる)
  • L: Oh, does she? Would you like…(え、そうなの?じゃあ…)
  • Eちゃん:《自分のカバンを指して》But…but I have…(でもわたしはある)
  • L: 《Eちゃんに向かって》Yeah. You’ve got your drink.《Smileに向かって》Would you like me to bring your drink?(Eちゃんは自分の持ってるのね。Smileちゃん、何か飲むものもってくる?)
  • Smile:Yes.(はい)
  • L:Yeah? Okay, I’ll bring a cup right now. It’s not in your bag?(うん、じゃあ、持ってくるわね。自分のかばんには入ってない?)
  • Smile:No.(入ってない)
  • L:No? She has it? All right. I’ll go get your drink. I’ll be right back.(入ってないのね?わかった。飲むもの 持ってくるわね。すぐ戻ってくるね)

Smileは真ん中。お誕生会や、バーベキューなどの集まりでは会うけれど、普段は違う学校に行っているので、なかなか遊ぶ機会がない3人。

こうして定期的に集まれる機会があるのは有難い。

おうち英語ほどではないけれど

4歳9ヶ月。

わたしの家族がアメリカから日本に帰国したとき、わたしは5歳半、姉たちは9歳半のときでした。

双子の姉たちは すでに小学校4年生だったので、洋書を読んだり、アメリカのドラマを観たり、お互いに英語で話したりして英語を維持していたように記憶しています。

わたしの場合はというと、英語を忘れないようにと、母がお風呂の時間に英語の歌を歌ったり、英語で話しかけたりしてくれましたが、

英語を話すのを わたしが頑なに拒否。母も無理強いはしませんでした。

嫌だった理由は、アメリカにいるときは母親との会話は「全て日本語」。急に英語で話しかけられて、それが恥ずかしくて仕方がなかったのです。

いわゆる「情意フィルター(苦手意識)」が上がっていた状態だったのだと思います(関連記事『心地のよい言葉とは』)。

日本語で母と子の関係ができているのに、そしてお友達とも日本語で関係が築けているのに、「なぜ今さら英語なのだろう?」というのが当時のわたしの気持ち。

幼かった わたしにとって、自分の言葉の一つと思っていた英語が「日々 抜け落ちていく」ことは恐怖でしかありませんでした。

失いたくないけれど、自信がないので家族の前で使いたくない。当時はそういった気持ちでした。

それでも、わたしの英語に対するモチベーションが下がらなかったのは、英語が常に周りにあったから。

アメリカに住んでいたときから、フランク・シナトラ、エルビス・プレスリー、カーペンターズ、オールディーズなどの洋楽が常にかかっており、

日本に帰国してからも、姉が好きだったマドンナやシンディ・ローパーが車の中で いつも流れていました。

そして両親ともに映画が大好きだったので、洋画は 全て英語。吹替えは観たことがありませんでした。

面白そうな映画があれば、週末は家族で映画館へ。

家族揃って大好きだったテレビドラマは、若かりし頃のマイケル・J・フォックス主演の『Family Ties(ファミリータイズ)』。

1980年代のsituation comedy(コメディを基調としたドラマ)です。

幼いわたしは、英語圏で暮らしていたとはいえ、内容も全て分かるはずがありません。でも、聞こえてくる音を頼りに、一生懸命 内容を理解しようとしていたのは覚えています。

もう一つ、記憶に強く残っているのが、絵本の音源の掛け流し。

家には、母が買った英国レディバード社の絵本セットがあり、わたしは暇さえあればテープを自分でかけ、絵本を眺めていました。

当時6歳だった わたしは、3文字を読むのがやっとだったので、もちろん文は読めません。でも これも、目と耳から入ってくる情報から ストーリーをなんとなく理解するといった感じです。

LB125.jpg

記憶を頼りに検索してみたところ、どうやら上のセットのようです(いずみ書房のサイトはこちら)。

アメリカでも、日本昔話のテープを繰り返し繰り返し聴いていた わたしにとっては、かけ流しは遊びの一貫でした。

今では、親子英語、英語育児、おうち英語、バイリンガル育児といった表現を よく目にしますが、

そういった取組みほど 積極的ではないにしても、英語に囲まれた生活を作ってくれた両親に感謝です。

Smileは あと2ヶ月で5歳。わたしがアメリカから帰国した歳になります。

帰国当時のわたしよりも はるかに英語を操れることは うらやましい限り。

これからも Smileが英語を「自分の言葉の一つ」として感じられるよう、環境を整えていきたいです。

大好きな コーヒーショップの お兄さんとお姉さん。

こうやって、言語や文化に関わらず、多様なバックグラウンドの人と繋がれる環境も 大事にしたい。

洋書セールに興奮

4歳9ヶ月。

先週の金曜日、新宿紀伊国屋の洋書セールに行ってきました。

予定も合わないし今回は諦めていたのですが、

運良くその用事も早く終わり、そんなときに お友達がFacebookで書いているのを目にして、急遽 思い立って行くことに。

以前、今のSmileのリーディング力にちょうどいい本を買うのが間に合わない、と書きました(過去の記事『本読み:伸びる前の蓄積期間』)。

易しいレベルに合わせて買うとすぐ読み終えてしまうので、定価で買うのはもったいないし、難しいレベルだと、Smileのモチベーションが下がってしまうので 買っても読むのは だいぶ先になってしまう。

なので最大60%オフというのは とても魅力的。セール対象の本は 700円か400円均一でした。

10時半ごろ到着しましたが、会場はすでにたくさんの人。

そして着いてすぐ、おうち英語のお友達に声を掛けられ 嬉しびっくり。お友達に「この本いいよ」など 教えてもらったりして、わたしもSmileも「あれも欲しい、これも欲しい」とついつい夢中に。

気が付いたら カゴいっぱいになってしまったので、人だかりを避けたところで、本の選定。

今回は Smileの本を中心に、本当に欲しいものだけにしぼりました。

まずは読み聞かせと 自力読み、両方に使える本。

Illustrated Fairy Tales(イラスト入りおとぎ話)” は10話のおとぎ話、

The New Adventures of Curious George(おさるのジョージの冒険)”は、8話のエピソード、

Pete the Cat(猫のピート)“は、12話のエピソード

Princess Bedtime Stories(プリンセスのおとぎ話)”は、19話のプリンセス物語が入っていて 全て700円。

The Tiger Who Came to Tea(おちゃのじかんにきた とら)”は ぬいぐるみとセット。

日本語で読んで、Smileも大好きな本なので 思わず買ってしまいました(過去の記事『ちょっと不思議なトラ』)。

下は自力読み用と ホームスクーリング用に使う本。

School Days Around the World(世界各国での授業の様子)”は、今ちょうど 色んな国に興味を持っているSmileにもってこいの本。

アメリカだけでなく、ガーナ、インド、オーストラリアなどの様子が写真つきで分かるようになっています。

こちらの『シンデレラ』は おまけ。

まだまだ読めないですが、Smileが「欲しい。大きくなったら読みたい」と言ったので、未来のSmileにプレゼントです。


好きな本をたくさん買ってもらって ホクホクのSmile。この笑顔が見られて なにより。

【夏の洋書市 2017】

■ 開催期間
7/14 (金) – 7/23 (日)

■ 新宿タカシマヤ南館6階
紀伊國屋書店

■ 案内は こちら