「みんなと同じ」でなくてもいい

5歳8ヶ月。

バイリンガル育児で一番大切にしていることは、「多様性を受け入れる柔軟さ」と何度か書いてきました(過去の記事『多様性と異文化理解』)。

その中でも、自分と「異なる存在」を受け入れる寛容さであったり、排他的にならないこと(inclusive)は特に意識してきました。

今 Smileを見ていても、そういった寛容さは身に付いているなぁと感じることも増えました。

そして今度は、次のステップである「自分は自分」という強さもそろそろ意識していかなければと思っています。

来年の4月には小学校に入り、親の目の届かないところで過ごす時間が増えます。

そこで、Smileが 友達を傷つけるようなことはしなくても、

される側だったり、弱い立場に立たされることも出てくるかもしれません。

そんな中で、「自分は自分。友達は友達。お友達と全て同じでなくていいんだ」という感覚を持てる強さが身に付けばいいなぁ と思っています。

下は数日前にプリスクール帰り、Smileとしたやり取り。

  • Smile: B laughed at me that I didn’t know Tic Tac Toe….(◯×ゲームのこと知らないって、Bちゃんがわたしのこと笑った)
  • わたし:Oh….Why don’t you practice it with me?(そっか…。わたしと練習すればいいんじゃない?)
  • Smile: 《泣きそうになりながら》But she laughed at me. (でもBちゃん、わたしのこと笑った)
  • わたし:So you’re sad because she laughed at you that you didn’t know about the game?(じゃあ、そのゲームのこと知らないって笑われたのが悲しいの?)
  • Smile: Yeah…(うん)
  • わたし:I didn’t know what Tic Tac Toe was at your age?(お母さんもSmileくらいのときは◯×ゲームのことなんて知らなかったよ)
  • Smile: You didn’t?(知らなかったの?)
  • わたし:No. Smile, if there is something you don’t know but your friend does, you can just ask her to teach you how to do it or what it is. Everybody’s different, so there may be some things your friends know better than you do. But at the same time, there are things you know better than your friends do.(知らなかったよ。あのさ、もし知らないことがあれば、お友達にどうやるのかとか、それが何なのか聞けばいいんじゃない?みんな違うんだから、お友達の方が詳しいことがあるかもしれないし、Smileの方がよく知ってることもあるんじゃないかな)
  • Smile: Okay.(うん)

たまたま英語で話してきたので、英語で返しましたが、日本語でもきちんと話したい内容でした。

Smileは、差別されたり、いじめられたりといった経験は まだありません。でも もしそういう状況になったら、それを流せる強さだったり、きちんと主張する強さも持っていて欲しい。

小学校に入るまであと9ヶ月。

そういった面も含めた多様性を大切に していきたいと改めて感じています。

赤ちゃんの頃からの プリスクール友達。姉妹のように喧嘩しながらも 仲良しです。

鳥について学ぶ

5歳8ヶ月。

もう数ヶ月で6歳。

プリスクールに通うのも あと9ヶ月。わたしがお当番に入るときは、基本的にはSmileのワークは 他のお母さんが見ることになっているので、

どんなことをやっているのかは詳しくは知らないのですが、ここしばらくは鳥について学んでいたようです。

昨日、自慢げに見せてくれたのがこちら。

これは表紙だそうです。

下の写真は、アヒルのことについて。

こちらはクジャクについて。

なんともシュールな絵がSmileらしい。

文章は、図鑑を見ながら、読んだ内容や思ったことを自分の言葉で書いたもの。

“The peacocks show of(f). They sing and dance.(くじゃくは見せつけるのが好き。歌ったり、踊ったりします)”

と、たまに綴りを間違えているのも愛嬌です。

まだライティングに関しては、ほぼ手つかずで家ではほとんどやっていないのですが、小学校を目前にし、

少しずつライティングにも意識を向けて行きたいところ。

コロケーションが分かる絵本

5歳8ヶ月。

少し前にSmileがプリスクールで読んだ絵本が とてもよく出来ていて、家に帰ってからすぐに買ってしまいました。

Building a House (Mulberry Books)

この”Building a House“という絵本、「良くできているなぁ」と感心したのは、collocation(単語同士の自然な組合せ)の使われ方。

タイトルからも分かるように、

build + a house(家を建てる)”という組合せだったり、

下の写真のように “pour  + cement(セメントを流し込む)”という組合せだったり、

下のような “lay + blocks(ブロックを積む)”だったり、

他にも”put in + pipes(パイプを取り付ける)”という表現だったり。

動詞と名詞のコロケーションがシンプルで分かり易いのです。

なかなか日常で使う表現でもないですが、家を作る工程が一から描写されていて、

ここまで子どもにも分かり易い表現でまとめられているのも珍しいな と。

そして一つ一つの場面で使われている動詞が 何ともシンプルで伝わりやすい。

何度も何度もSmileに読んで、色んな表現に親しんで欲しい、と思った絵本でした。

英語でクラシック音楽

5歳8ヶ月。

先週末、お友達に誘われて、クラシック音楽のコンサートに行ってきました。

ベートーベンの曲だけでなく、他の作曲家によるクラリネット演奏も聴けるという、贅沢な1時間でした。

日本語公演と英語公演があり、わたしたちは英語の部へ。

内容も素晴らしく、プロの演奏家たちによるコンサートでしたが、意外にも観客はそこまで多くありませんでした。

ベートーベンのことは、前に少しだけSmileと話したことがありましたが、今回のコンサートは劇仕立て。

劇を見て、ベートーベンの音楽をもっともっと身近に感じられたようです。

ところどころ、スライドの文字が小さくて、Smileには難しい英語もありましたが、そこはわたしが補足説明をしたり、

劇の構成も分かり易かったので、とても楽しい時間を過ごせたようです。

毎年恒例のラフォル・ジュルネの子ども向けコンサートは、以前に行ったことがありますが、子ども向けとは言っても、やはり少し難度が高め。

今回のコンサートのように、クイズあり、劇あり といったようにインタラクティブなコンサートがもっと増えたらいいのになぁ と。

今回一緒に行ったお友達は、Smileより年上のお姉ちゃん。

3歳になってすぐ、初めて会った頃は、ただただお姉ちゃんの後を付いて回るだけでしたが、ようやく一緒に楽しい時間を過ごせるようになったという感じ。

英語の取組みは、子どもが赤ちゃんの頃は親中心に回っていますが、大きくなるにつれて やはりお友達の存在はとても大きくなります。

憧れとモチベーション。

お友達の存在に感謝です。

描く絵もお姉ちゃんに影響を受けているのが よく分かります。

ストーリー作りの練習

5歳8ヶ月。

お友達とのプレイデートや 他の方のブログなんかで目にしていたStory Cubes

ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)

Smileが物語作りに興味を持ったら 欲しいなぁと思いつつ、まだ買わずにいたら、Flying Tigerで似たようなものを発見。

Flying Tygerのものは、Storyteller Diceと言うようです。

値段も数百円だったので、試しに買ってみることに。

ちょうど今、名詞や動詞を使って、メチャメチャな物語(crazy story)を作ることに夢中になっているからか、

このゲームにも興味津々。

工夫次第でもっと複雑な長い物語も作れそうなので、出先で遊んでみたいと思います。

 

 

いろいろなカタチの異文化理解

5歳7ヶ月。

オレゴン州から来日している、シタール奏者のJ.J.グレッグさんの演奏が今日 無事終わりました。

この3日間、J.J.さんと奥様のケイラさんとずっと過ごしていましたが、話せば話すほど多文化を背景に持つ人たちだなぁ、と。

二人ともこれまでにインド、タイなどアジア各地に住んだことがあり、二人の話を聞けば聞くほど、わたしの知らない世界が まだまだ沢山あるんだということを感じます。

今回、J.J.さんからシタールのことをいろいろと聞き、インドの伝統楽器であるシタールの奥深さを知るとともに、

そこからインドの文化も垣間見ることができて、 Smileにとってもわたしにとっても本当に良い経験になったと思います。

J.J.さんの持っているシタールは、18本の弦があるそうで、7本の主弦と、その下に共鳴弦と言われる弦があるそうです。

主弦を弾くと、その振動で下の弦が共鳴して音が出るそうな。

その説明を聞いてから、J.J.さんの演奏を改めて聴くとまた違った風に聴こえるのが不思議でした。

そして今回の演奏会では、三昧琴(ざんまいきん)という楽器も初めて間近で見ることができました。

演奏されたのは、三昧琴奏者の福島千種さん

鉄のボウルのような不思議な楽器なのですが、奏でる音も独特でその世界観に引き込まれます。

我が家に3泊してもらったのですが、2人とも人柄が本当に温かくて、Smileは会ってすぐに大好きになったようです。

今朝、2人が出て行くときに、大泣きだったSmile。アメリカに会いに行くという約束でお別れしました。

普段、目にすることのない弦楽器だったり打楽器だったり、こうした異文化理解も とても貴重な体験です。

Smileにとっても 強く記憶に残る想い出ができたのではないでしょうか。

*********************************

J.J.さんの素晴らしい演奏は こちらから聴けます()。

わたしのお気に入りは2曲目。段々と速くなる美しい旋律に 引き込まれます。

シタールの音色

5歳7ヶ月。

今日は、姉の友人である、シタール奏者のJJグレッグさんがアメリカより来日し、六本木のお寺で演奏をしたので、そのお手伝いに行ってきました。

簡単なアテンド通訳とは言っても、スピーキングが得意ではないわたしにとっては大仕事。

インドの民族楽器シタールのことや音楽の専門用語も詳しくないので、予習したとは言え、ヒヤヒヤしながらの通訳でした。

Smileはと言うと、JJさんと奥さんのケイラさんのことがすっかり気に入ってしまい、まるで友達のようにくっ付いてまわる感じ。

姉の結婚式で聴いたとはいっても、間近に聴くシタールの音色は やはり何とも表現しつくせない独特なもの。

寝っ転がりながら聴いている人もいれば、瞑想しながら聴いている人もいました。

約2時間の演奏でしたが、Smileもお絵かきしたり、もぞもぞ動いてはいましたが、楽しんでいたようです。

JJさんの説明を聞いていてとても興味深かったのが、シタールの音の出方。

シタールには18本の弦があり、主に弾くのは太めの主弦。主弦の下には、細い共鳴弦があり、

直接は触れていないのに、主弦を弾くことで音が共鳴して鳴るそうです。

シンガポールから戻ってきたばかりで、異文化理解についてちょうどSmileと考えていたところだったので、

今回はとてもいい経験になったんじゃないかと思います。

本体はカボチャで出来ているとか。この時すでに夜の9時。

普段は7時半に寝ているのに、この日ばかりは興奮状態で目が爛々と輝いているSmile。

本好きだけど まだ読書好きではない?

5歳7ヶ月。

チャプターブックを読むようになり、一気に読書好きになるかなぁと思いきや、意外と そうでもなさそうです。

この数ヶ月、Smileを観察して分かったのは、話し相手や遊び相手がいるときは、ほぼ本は開かないと言うこと。

わたしが一緒のときで、電車やバスで移動しているときは本を開いて読みますが、それ以外は進んで本を手を取ることは ほぼありません。

わたしの両親や夫は、話し相手に入るので、そういった相手がいる場合は全く本には手を伸ばそうとしません。

どうやら、「誰かと話したい」とか「友達と遊びたい」とか、とにかく人と繋がっている状態を好むSmileの性格によるものなのかな と。

読書好きの年上のお友達に会った直後は触発され、読書量は増えますが、いま現在の読書時間は、もっぱら移動時間に限られています。

本は好きだけれど、まだ「没頭するほど本が好き」という段階ではなさそうです。

まだ5歳だし、それもそのはず。

来年は小学生になりますが、どんな風にそれが変わるのかも楽しみです。

今の わたしの役目は、途切れることなく周りに本が常にある状態にしておく、それだけかなと思っています。

昨日のプレイデート。ペースが似ているためか、自然と英語で 遊んでいて、Smileも心地よかったようです。