身近なところで異文化理解

6歳2ヶ月。

以前より欲しくて、Amazon USAで注文した絵本2冊が昨日ついに手元に来ました。

ハワイにいる姉のところに届けてもらったのですが、もう1人の姉が旅行でハワイに行ったので、持って帰ってきてもらいました。

買ったのはこちらの2冊。

The Girl Who Thought in Pictures: The Story of Dr. Temple Grandin (Amazing Scientists)

The Girl Who Thought in Pictures: The Story of Dr. Temple Grandin

The Girl With a Mind for Math: The Story of Raye Montague (Amazing Scientists)
The Girl With a Mind for Math: The Story of Raye Montague

2冊とも、特別な才能を持った女性のお話です。1冊目はアメリカの動物学者であるテンプル・グランディンさんの幼少の頃のお話。

テンプルさんは、自閉症を抱えていたことから、「周りと違う」として苛められたり、苦しい経験をしたそうです。

でもテンプルさんは、「人と違う考え方」をする女の子だったというだけ。テンプルさんの観察力を受け入れていたお母さんのお陰で、テンプルさんは自分の能力を生かす仕事に出会います。

2冊目は、アメリカ海軍の船舶工学者 レイ・モンタギューさんのお話。黒人女性では初の船舶工学者となったのですが、

幼少の頃はとても優秀だったにも関わらず、黒人であるということと女性であるということから、白人の人と平等には教育を受けられませんでした。

それでもコツコツと努力し続け、船舶の設計をするまでのビッグチャンスを手に入れたそうです。

Smileは2冊ともとても気に入ったようです。自分と同じ年頃の女の子が登場するということとも共感を覚えたのかもしれません。

今回、この2冊を買ったのは、2人の成功話について知って欲しかったからではありません。

この2人が、「周りと違う」ということで苦しい思いをしたにも関わらず、自分の軸を持ち、前に進み続けるという たくましさを持っていたから。

娘へのバイリンガル育児では、多様性を受け入れる柔軟性を大切にしてきたと何度も書いてきましたが、

こういった、「人と少し違う存在」として扱われて生きてきた人の人生を知るのは とても貴重だと感じます。

日本では、「異文化理解」というと、外国について知ったり、外国人と交流するイメージがあるように感じますが、それだけが異文化理解ではありません。

「自分と異質の存在」や「自分とは異なる文化や考え方」について知ることも異文化理解だと考えています。

それは、人種や国に限らず、身体的な障害を持った人、自閉症を抱えた人、その他のSmileの周りにいる、「自分とは少し違う人」を理解することも異文化理解。

「自分とは違う」相手のことを理解し、認められるようになるには、もちろん日々の経験も大事ですが、こういった絵本もとても役立つと考えています。

絵本の最後に、テンプルさんからのメッセージ。一番最後のメッセージが心に響きます。

Keep learning, especially from your mistakes.

(学び続けなさい。失敗した経験から学ぶのです。)

クルーズ旅行での経験

6歳2ヶ月。

9日間のクルーズ旅行から今日 戻ってきました。今回の旅行でのSmileの一番の経験は、気の合う日本人のお友達が2人できたこと。

今回のクルーズ旅行は台湾にも寄港したので、参加した子どもは日本人と 台湾人の半々でした。キッズセンターのスタッフの方も、多国籍。

9日間、クルーズが提供するキッズ・アクティビティは朝から晩までで、スタッフの方も 本当に良くしてくれました。

毎回、クラフトやゲームやアクティビティなど盛りだくさんで、迎えに行くと「まだ帰りたくない」と駄々をこねるほど。

使用言語は基本的に英語で、分からない子には日本語スタッフ、中国語スタッフが付いていたようです。時々Smileも通訳としてお手伝いしていたそうです。

下の写真は、キッズセンターで作った作品のほんの一部。

そして、もう一つの大きな収穫は、「マナーや礼儀」について改めて学べたこと。

普段の生活でも、挨拶、そしてお友達や目上の人に対する言葉遣いや態度は厳しく言っているのですが、

今回のように1週間以上、大勢の人と同じ船内で生活することはあまりないので、

普段、あまり意識が行き届いていないところが分かったという感じでしょうか。

アメリカで生活していたときもそうでしたが、船内でクルーと目が合うと、”Hello.”とか”Good afternoon.”とか、皆んな必ず挨拶をします。

そんなとき、Smileも挨拶はするのですが、なにせ聞こえないくらいの声で言うので、相手に聞こえていない。そんなのが何回か続きました。

そしてあることがきっかけで、Smileの態度について話し合うことに。

わたし達の客室を担当していたのは Dennisさんというフィリピンの方。とても気さくでSmileにも本当に良くしてくれました。

ある時 部屋に戻るとベッドには、タオルで作った犬の人形がちょこんと置いてありました。

わたしの父のメガネをかけていて、思わず笑ってしまいましたが、Smileは犬を見るなり大喜びで大興奮。

「ちゃんとお礼言わないとね〜」なんて言っていたのですが、

翌日、Smileが何かに夢中になっているときに、Dennisさんが客室にやってきました。Smileを見るなり、「犬は気に入った?」とDennisさん。

愛想笑いで “Yeah?”と答えるものの、手元から目を離さないSmile。

近くで見ていた わたしですが、しびれを切らして、Smileに “Did you say ‘Thank you?'”と言うと、

Dennisさんを横目でチラッと見て、”Thank you.”と一言。

これには わたしもハラハラ。Dennisさんは笑顔で出て行きましたが、その後 Smileと話すことに。

  • わたし: That wasn’t really a nice way to say thank you. I think he made that doggy because he wanted to make you happy.(さっきのはあまりいいお礼の言い方じゃなかったよ。その犬、Smileに喜んでもらえるように作ったんだと思うよ)
  • Smile: Okay….(分かった)
  • わたし: When somebody says “Hello” to you, you should look them in the eyes and say “Hello” too. When somebody does a nice thing for you, what do you need to say?(誰かが挨拶してきたら、ちゃんと相手の目を見て挨拶すべきだよね。誰かが親切なことをしてくれたら、なんて言うんだっけ?)
  • Smile: …Thank you.(ありがとう)
  • わたし: And you need to look them in the eyes. It would be better if you could say it in a loud voice so that he/she can hear you.(きちんと相手の目を見る必要もあるよね。大きな声で言えるともっといいよね)

しばらく いじけていたSmileですが、自分でも自分の態度に気が付いたのか、それ以降の態度に大きな変化が。

クルーの誰かがすれ違いざまに “Hello.”と言ったら、だいぶ先を歩いていたにも関わらず、振り返って大きな声で “Hello.”

その他にも、レストランでも何か聞かれたら、今までとは比較にならないくらい はっきりとした、聞き取りやすい声で答えているではありませんか。

Smileなりに一生懸命に考えて、自分の態度を反省したのだなぁと嬉しくなりました。

 

大人であってもどんなに英語力があっても、コミュニケーション力も備わっているとは限りません。

わたし自身、大学院時代、苦労したのは コミュニケーション力の無さ。

教授とのコミュニケーション、クラスメイトとのコミュニケーション、

その他 気軽なパーティや学会など、さまざまな場面で求められるコミュニケーション力にとても苦労したので、

Smileには小さい頃から コミュニケーションをきちんと取れるようになって欲しいと思っています。

何も今から難しい内容を話して欲しいという訳ではありません。バイリンガル育児で意識しているのは、基本的な挨拶や 相手のことを考えた上での会話のキャッチボール。

それはコミュニケーションの基本だからです。

普段のSmileも挨拶やお礼はちゃんとします。だけれど、今回の旅で何かが大きく成長したように見えます。

初回にDennisさんが作ってくれた犬の人形。

最終日はハムスター。Smileのお気に入りの犬の隣にちょこんと置かれていました。

バイリンガル育児の意義

6歳2ヶ月

一昨日より、わたしの両親とSmileとでクルーズ旅行に来ています。去年は姉親子も一緒だったので甥っ子も一緒でしたが、今回はSmileのみ。

遊ぶ相手がいなくて寂しいかなと思いきや、キッズ・アクティビティも充実していて、クルーの皆さんにもたくさん相手してもらって楽しそうに過ごしています。

去年のクルーズ旅行でも色んなクルーの方と話しましたが、今回も船内で行く先々で クルーの方と話す機会があります。

日本人の乗客が多いので、皆んな最初は日本語で接客してくれるのですが、わたしとSmileが英語を話すことが分かると途端に人懐こく英語で話しかけてきます。

今朝も、レストランで何回か接客をしてくれた女性とSmileとの会話が何とも可笑しかったです。

  • P:Aww. You’re so cute. Can you stay with me after the trip? (本当に可愛いわねぇ。旅行のあと、わたしと一緒にいてくれる?)
  • Smile: 《苦笑い》
  • P: Please? I’ll give you a pickled plum and apple juice everyday.(梅干しとりんごジュース毎日あげるわよ)
  • Smile: Okay…(わかった・・・)
  • P: Oh my god. She said, “Okay.” She’s so sweet. Your mom and dad can pick you up in Yokohama, okay?(「わかった」だって。なんて優しいのかしら。お父さんとお母さんは横浜で迎えにきてくれるから、ね?)

大人は冗談だと分かっているので笑っていましたが、Smileは「え?本気で言ってるの?」といった表情だったので それがまた可笑しかったです。

そんなSmileを見ていて感じるのは 「たくましいなぁ」ということ。

わたしがいてもいなくても こうやって誰かとコミュニケーションを取ろうとするというのは、彼女の性格も もちろん大きく関係していますが、

英語や異質のものに対する壁がないからかなと感じます。

バイリンガル育児をしていてよかったと感じるのは、まさにこんな場面のとき。

英語の本をどれだけ読んだかとか、どれだけ流暢に話せるかとか、そんなことよりも、

日本語でも英語でも、違う文化背景の人とコミュニケーションを取ろうとする姿を見たときに バイリンガル育児の意義を感じます。

高い英語力があるからと言って、コミュニケーション力もある訳ではありません。

だからバイリンガル育児でも意識しているのは、日本語でも英語でも、相手との会話のキャッチボールをきちんと出来るようになること。

これは、動画やゲームでは育てられる力ではないので、動画漬けやゲーム漬けが危険だと思うのは こういった、コミュニケーション力が育ちにくいという点。

コミュニケーション力が高い低いというのは、小さい頃から どんな経験をして どんな対人関係を持ってきたか、そういうのが大きく関係するのではないかと思っています。

普段は買うことのないシリアルを食べられて 大興奮のSmile。

「まずは母語」云々より

6歳1ヶ月。

大学院時代の親友Aちゃんがスウェーデンから一時帰国していて、昨日、うちに遊びに来ました。

ハワイでは同じ寮に住み、教育実習のためにベトナムで一緒に暮らしたり、苦楽を共にした仲。今でもこうやって年に1回でも会えるのは嬉しいことです。

彼女の専攻は、第二言語習得の分野でも会話分析(conversation analysis)といったもので、社会学寄り。

アイデンティティを研究していたわたしともまた違う視点なので、話すと視野がいつも広がるのが面白い。

昨日は、Aちゃんの子どもの日本語維持について話が盛り上がりました。

Aちゃんはアメリカ生活が長い帰国子女。Aちゃんのご主人はアメリカ人ですが、数年前より日本語を勉強しているので、普通に日本語で会話できるレベル。

お二人の会話は ほとんどが英語。

Aちゃんの第一子 Kくんは3歳になったばかりで、2歳くらいまで日本で過ごしていたので、片言ですが日本語で上手にお話ができます。

第二子 Hくんはまだ生後6ヶ月。スウェーデンで生まれました。

今後、お兄ちゃんのKくんはスウェーデンのアメリカン・スクールに通わせる予定だそうですが、心配なのは弟のHくん。

家庭内では、日本語で子ども達に話しかけているとはいえ、Hくんは日本語環境で暮らした事がなく、これからもスウェーデンで暮らすことになりそうです。

母語は当然 英語と日本語になりますが、スウェーデン語の保育園に通えば スウェーデン語が第一言語となる可能性もある。

そして将来、お兄ちゃんと同じようにアメリカン・スクールに通うとなれば、教授言語は英語なので、英語が第一言語に変わる可能性は高い。

お父さんが英語だし、学校での言語も英語だから、子ども達の第一言語は英語、その次に強い言語はおそらくスウェーデン語になるだろうね。

日本語の重要性は低くなりそうだね。

日本との繋がりも薄くなるかもしれない。

その繋がりを維持するためにも、頻繁に日本に帰ってきて、帰ってきたときは、短期でも現地の学校に通わせるなんかして日本語環境に置く必要はあるね、

などという話を友人たちと話しました。

日本では、未だに『第二言語を入れるのは母語を習得してから』という考えが根強くあります。早期に英語をすることは言葉が遅れたり、思考力が育たないなどといった論も出回っています。

確かに極端な教育や偏った方法であれば、両言語ともに伸び悩むといった弊害も考えられます。

でも、早期英語教育不要論の根底にある考え方は、KくんやHくんのようにマルチリンガル・マルチカルチュアルな環境で育つ子どもには当てはめることはできない、とつくづく思います。

日本人家庭で育ち、日本語で教育を受ける子は、母語と母国語が一致しています。でも母語が一つ以上ある子、母語と母国語が一致しない子も日本でもいるし、海外にはもっともっといます。

そういった多様化している状況を、早期英語教育不要論のような考え方は考慮しきれていないと感じてしまいます。

Smileは日本人の両親の元で、日本語環境で生まれ育ったバイリンガルなので、母語はもちろん日本語だし、

日本語が危うくなるような極端な取組みはしていません。

でも 「まずは母語」云々より わたしが意識してきたのは、Smileが今後 教育を受ける言語(日本語)に対して心地よいと思える環境を作ること。

英語に対しても同じで、日本語環境にどっぷり浸かっていても 英語との繋がりが薄くならないように、英語に対して心地よさを維持すること。

そのバランスを取ることは簡単ではないですが、子どもがどの言語の環境にいても、自分らしくいられるというのは、今後も大事にしたい点。

「どちらかの言語環境では居心地悪い」という状態にならないように、これからも意識していきたいと思っています。

先日行った、インターナショナル・スクールのサイエンス・フェアにて。バイリンガルの友達と紙トンボを作っているところ。

友達の存在は やはり大きい。

お友達がしてたから

6歳1ヶ月。

昨日はプリスクールで集まりがあって、その後、6人くらいのお友達と夜ご飯を食べることに。

レストランへ行く道すがら、それから帰りのバス停に行くまでの間、Smileはお友達と一緒のことが嬉しくて嬉しくて、終始 興奮状態。

ラッシュアワーの時間帯で、歩道は人通りも多かったのですが、6人とも鬼ごっこのように走り回って、

わたしたち大人が制しても手に負えない状態。

2歳になる前から、どんなときも手を繋いで歩く練習をしてきたので、普段のSmileだったら、わたしか他の大人と手を繋いで、自分で先に行ってしまうことはないのですが、

昨日はお友達と一緒で、嬉しくて興奮していたのでしょうね。

手を振りほどいて 先に先に行ってしまう感じだったので、わたしも走って追いかけて、Smileの手を掴んで叱る結果に。

・わたし: I asked you to walk on the sidewalk. But if you can’t do that, I can’t let you go with your friends. And I’m going to have to hold your hands.(歩いて、って言ったのに、それが出来ないなら、お友達と歩かせることはできないな。お母さんと手を繋がないとね)

・Smile:Okay….(わかった)

二人きりになったあと、歩道での出来事をSmileと話してみました。

・わたし:I know you were having fun with your friends, but it’s dangerous to take off like that and run away on the busy sidewalk like you did today. (お友達と楽しんでいたのは分かるけど、人通りの多い道であんな風に急に走り出すのは危ないよね)

・Smile: Okay…(わかった)

・わたし: Did you hear me when I asked you to walk?(わたしが歩くように言ったの聞こえてた?)

・Smile: Yes.(うん)

・わたし: Why didn’t you stop? Were you aware that it was dangerous to run like that?(どうして止まらなかったの?あんな風に走るのは危ないって分かってた?)

・Smile: Yeah, but they were running, too.(みんな走ってたから)

・わたし:It doesn’t really matter what your friends were doing. If you knew that it was dangerous, I didn’t want you to do it. (お友達が何をしてたかは関係ないよ。危ないってこと分かってたんなら、して欲しくなかったな)

そのあと、お友達と同じことをする必要はないし、真似をする必要もないことを話しました。

来年は小学校に入って、今までとは違って集団生活を送るようになります。

その中で、自分の軸はちゃんと持っていて欲しい。「友達がしているから」とか「みんながそうだから」というような考えはして欲しくないな と。

「わたしはこう思う、だから こうする」とか「これはしない」とか周りに流されない強さも持って欲しいなと思います。

もちろん、社会生活を送る上で協調性はある程度は必要だし、「お友達と同じがいい」という気持ちを否定するつもりはないです。

でも同時に不必要な「同調」もするようになって欲しくない。

なかなか難しい年齢に入ってきました。

少人数制のプリスクール。来年は色んな意味で大きく変わります。

何のためのバイリンガル育児か?

6歳1ヶ月。

少し前にアメブロで、わたしにとってバイリンガル育児とは何かを書いたのですが(関連記事 )、

他の方のブログで紹介されていた記事が興味深かったので、こちらで考えをまとめてみたいと思います。

日本の親が気付けない「子供をバイリンガルに育てたい」の危険性

という記事で、アメリカ在住の方が書いたもののようです。

タイトル通り、日本でバイリンガルを育てたいと考えている親に対して「待った!」をかけるような内容です。

確かに、日本で暮らす子どもにバイリンガル育児あるいは教育をすることは簡単なことではありません。時間もかかります。

特に小学校での英語教育のことを考えると、この筆者が主張することで共感できる部分はあります。

乳幼児期から始めるバイリンガル育児の場合も、

誤った方向性のやり方だったり、日本語に触れる時間が圧倒的に少ないという、極端に偏ったバイリンガル育児をするのは、危険が伴うし、

バイリンガル育児のゴールが、高い英語力を付けること英語がペラペラになることだけだったら、

筆者の言うように「教育者や保護者の慎重なサポートと相当のコミットメントが必要」なため、ここまで続けようとは思っていなかったし、これからも続けようとは思ないかもしれません。

それでも、乳児期からバイリンガル育児をしてきたのは なぜか?

それは小さい頃から2言語で育てることで、思考に幅を持たせ、多角的な見方をして欲しいと思っているから。

そして単一の文化を持つだけでなく、英語を通して他の文化を垣間みることで多様性を受け入れる柔軟性を身に付けて欲しいから。

日本語や日本文化に触れさせないわけではなく、それらを土台として、

両言語を使って 自分を取り巻く世界を多角的に見れるようになることに意味があるのではないかなと思っています。

Smileは日本に住み、日本の教育を受けます。だから日本語が危うくなるようなバイリンガル育児はしていません。

当然、筆者の言うように「二つの言語を完全に習得」させようとも思っていないし、そうすることは、それこそ 子どもに負担をかけること。

日本語で教育を受けるのだから、日本語が伸びるのは自然なこと。

英語の伸びが、ある時期に緩やかになるのも自然なこと。

英語は本人が大きくなって自分で伸ばしたいと思ってくれたら、それでいいかなと思っているので、今は「英語を自分の言語」と思ってくれるように環境を整えているだけ。

「強要」しているわけでもなく、日々の生活の一部になっているだけなのかな と。

そして筆者の書いているような、「英語ができると何がトクか」なんてことは、Smileは微塵も思ったことはないのではないでしょうか。

損得なんていうことは子どもに説明する必要はなく、「英語で本を読むことが楽しい」とか「英語の歌は楽しい」とか、子どもに「楽しい」と感じてもらう。

その環境を親や教育者は整えるだけでいいと思うのです。

お友達が貸してくれたポケモンの本を夢中で読むSmile。

無事にハロウィン終了

6歳1ヶ月。

昨日は、プリスクールでハロウィンパーティがありました。

去年はガイコツの衣装を着たので、さすがに違うものを選ぶかと思いきや、「今年はどうする?」と聞くと「ガイコツやる」と即答。

去年と同じ衣装というのも芸がないので、直前でフェイスペインティングをすることに。

「とにかく怖いのがいい」というSmile。

インターネットで色々検索して、どんなペイントするのかを考えた結果、こんな感じになりました。

ちなみに去年はこちら↓ (過去の記事『カレンダーの取組みと今』)。

img_7805

初めてのフェイスペインティングなので、「どうかなぁ」と不安だったのですが、本人は気に入ってくれたようです。

通りすがりの同い年くらいの女の子に、「夢に出てきそう・・・」と言われ、まんざらでもなさそうでした。

今年のパーティは、総勢23人ほどの子どもが参加。恒例のtrick-or-treatingは、夜の公園で茂みに隠れて待機。

暗闇で近づいてくるSmileの姿は、我が娘ながら ちょっと怖かったです。

イベント続きの10月、ようやく一息つけそうです。

幼馴染みとキャンプ

6歳1ヶ月。

今週末は、プリスクールの皆んなとキャンプに行ってきました。

違う学校に通っている子もいれば、最近入った子もいたり。10家族が参加して、なんと総勢35人。

プリスクールが始まった当初からいる初期メンバーも 遠方から参加したりして、Smileにとっては本当に楽しい時間だったようです。

このブログでも何度も書いてきましたが、Smileの通っているプリスクールは親参加型のプリスクール(過去の記事『インターではない プリスクール』)。

Smile含め、お当番のときに子ども達の「いやいや」に手を焼いたときもあったりして、プリスクールのママは戦友のような存在です。

この日も参加した子どもは20人。1歳から8歳まで。

矢継ぎ早に出てくる子ども達からの要求やら泣き声やらで、森の中でゆっくりとコーヒーを楽しむといった余裕は全くありませんでしたが、

子ども達も思う存分 自然の中で楽しんだようで、Smileは帰りの車の中で「またすぐに行きたい」と繰り返し言っていました。

幼稚園や保育園に預けることなく 気が付いたら はや6年。

プリスクールにずっといるママと、「さすがに疲れたねぇ」と時々 弱音も出たりしますが、卒業までのあと4ヶ月、貴重な仲間との時間を楽しみたいと思います。

そして かけがえのない繋がりができて プリスクールの存在に本当に感謝の気持ちしかありません。

幼馴染み3人。手を焼いた、ちびっ子の頃が信じられないくらい今は頼りになる存在です。