わたしが一番年上

5歳11ヶ月。

Smileの誕生日まであと6日。プリスクールも卒業まであと半年となりました。

プリスクールに通い始めて4年半。親参加型のプリスクールは縦割りなので、参加当初 1歳7ヶ月だったSmileは、一番ちびっ子でした。

そんなSmileが 今は一番の年長さんに。

それに気が付いたSmile。ある朝、興奮して わたしに言いました。

  • Smile: Mommy, I’m the oldest!(お母さん、わたしが一番年上だよ!)
  • わたし:You’re the oldest in school?(プリスクールで一番年上?)
  • Smile: Yeah. I’m the oldest now.(うん、子どもの中で一番年上だよ)
  • わたし:I know!(本当だね)
  • Smile: Yay! I mean, when S and L are there, I’m not the oldest one.(やったー!えーと、SちゃんとLちゃんがいるときは一番年上じゃないけど。)

こんなやり取りを ここ最近 ほぼ毎回やっています。

余程 嬉しいんだろうなぁ。

会話に出てきたSちゃんは、プリスクールの先生のお嬢さんで7歳。6歳からインターナショナルスクールに通っていますが、今でもよく遊びます。

Lちゃんもプリスクール開始当初からいたメンバーで、6歳半。最近インターナショナルスクールへ進学しました。

一番年上という意識があるのか、プリスクールでも率先して お片づけをしたり、2歳さんや1歳さんの面倒を見てくれたり、時には偉そうに皆んなを仕切ったり。

1歳の頃、プリスクールから公園まで手を繋いで歩きたくないばかりに、大声で泣き叫んで 地面に寝転がっていた頃が ついこの間のようです。

1歳のSmileとの格闘の様子を読み返して 懐かしんでいます(過去の記事  根比べ)。

この日は2歳さんと1歳さんがいる日で、積み木を積み上げた横から2人に壊されるという洗礼を受けていました。

一人っ子で、そんな経験は家ではできないので、「もう、しょうがないなぁ」という感覚を経験できるのは 有り難いです。

英語が滑らかになった?

5歳11ヶ月。

昨日は久しぶりにプリスクールの日でした。

お迎えに行くと、お当番のママが、「Smile、英語が流暢になったよね?」と少し驚き気味で言いました。

SさんはSmileが1歳の頃から 面倒を見てくれているママ。

プリスクールでは、バイリンガルの子たちもほとんど日本語で過ごすので、特に驚いたようです。

確かに ここ最近、英語が滑らかだなぁとは わたしも感じていました。

英語で言いたいことは大体 表現できるとは言っても、止めどなく話す日本語に比べると やはり 流暢性には欠けていたSmile。

それが ここ数週間で大きく変わった印象を受けていたのです。おそらく、きっかけはOML主催のサマースクール

2週間、ハワイで過ごしたときも、少しだけ滑らかになって帰ってきましたが、

たった3日間のサマースクールの影響はとても大きかったようで、語彙の幅が うんと広がったように感じます。

グループで話し合ったり、皆んなの前で ちゃんとしたプレゼンテーションをしたりするのも 初めてだったSmile。

年上のお友達のプレゼンテーションを聞くというのも良い影響を与えたのかもしれません。

「話しなさい」という上からのプレッシャーではなく、仲間からの適度なプレッシャー(ピアプレッシャー)も上手く作用して、

本人の「もっと話したい」という意欲に繋がったのかなと思っています。

Smileの発話の変化に気が付いたのは サマースクール初日。

終わって電車で帰るときに、興奮状態でずっと英語で 延々と話し続けていたので、わたしも驚きました。

こんな状態のSmileは初めて見たからです。

この滑らかさも、しばらくしたら また戻ると思いますが、定期的にこうした場を作るのは大事だと感じています。

実験の予想を記録する子ども達。

夏の想い出

5歳11ヶ月。

夏の終わりは、バイリンガル育児繋がりのプレイデートとお泊り会で終わりました。

みんな、ブログを通して知り合ったお友達。

初めて会ったときは、Smileはまだ3歳になったばかり。

まだまだ ちびっ子で、年上のお姉ちゃんやお兄ちゃんに付いて行くだけで一生懸命という感じでしたが、今やSmileもそのときのお姉ちゃんやお兄ちゃんの年齢に。

ようやく「一緒に遊ぶ」という感じになってきました。

こうやって不定期にでも集まれるのはとても有り難いし、貴重な場だなぁと感じます。

プレイデートは、子ども達のためのものでもありますが、親同士の相性も大切だなぁと感じます(関連記事『英語のプレイデートについて』)。

話す内容だったり、育児に対する感覚や価値観が違い過ぎていると続かない。

プレイデートは親のためでもあるなぁと最近 特に感じます。

Smileはと言うと、プレイデートでは理科の実験をしたり、お泊り会ではブルーベリー狩りや川遊びをしたり、お友達にたくさん いい刺激をもらっているようです。

日本語もたまに飛び交いますが、子ども同士でも言語の切替えを自由にしていて 見ていて興味深いです。

大のブルーベリー好きのSmile。この日は560g取っていました。

学びの夏

5歳11ヶ月。

昨日、無事にOn Mom’s Lap主催のサマーキャンプが終わりました(前回の記事『多様性について学ぶ』)。

とってもとっても濃いサマーキャンプで、わたしも講師としてやりがいを感じた3日間だったし、Smileも存分に学び、遊び楽しんだようです。

サマーキャンプが終わった帰り道、Smileがこんなことを言っていました。

  • Smile: I wish there were 10 days.(10日あったらいいのにな)
  • わたし:Ten days of what?(なにが10日間?)
  • Smile: English school.(英語のスクール)
  • わたし:You wish there were a 10-day summer school?(10日間のサマースクールだったらいいのにってこと?)
  • Smile: Yes!(そう!)

「いやいや、そんな長期間だったら、わたしも倒れてしまう」と内心思いながら、本当に楽しかったんだなぁと嬉しくなりました。

そして、この3日間、驚いているのが、2週間ハワイで過ごして帰ってきたときよりも英語が滑らかになっていること。

語彙も増え、話したい内容も増え、お友達と一緒に充実した時間を過ごし、それが全ていい方に作用したのだと思います。

夜、Smileが “I want to learn about carbon dioxide(二酸化炭素について知りたい)”と言うので、

2人で二酸化炭素や地球温暖化などの動画を 一緒に観ました。

サマースクールで環境について学んだのが刺激になったようです。

普段はアシスタントとして、わたしのレッスンに参加しているSmile。

もちろん、レッスン内では “Ms. Mariko”とわたしのことを呼び、他の皆んなが親子と気が付かないように振る舞ってくれましたが、

それでも今回はアシスタントではなく、「生徒の一人」として、そして自由に発言し参加できたのが余程うれしかったようです。

今回のような機会をくれた英語ママさん、参加してくださった子ども達の保護者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

昨日の実験では、サイエンスの実験するだけでなく、仮説を立て、結果も記入。

修了書を手に、変な顔をする子ども達。

みんな 素直で明るく、優しい子ども達。そんな子たちと濃い3日間を過ごせて幸せです。

多様性について学ぶ

5歳11ヶ月。

6歳まであと1ヶ月となりました。

今日は、On Mom’s Lapが主催するサマーキャンプにSmileと一緒に参加させてもらいました。わたしも講師としての参加です。

今日参加するのは、一日 英語で過ごせるバイリンガルの子たち。Smileは一番年少さんなので、若干の心配もありましたが、

そんな心配も何のその。参加してくれた子ども達との相性も良かったようで、とても有意義な時間を過ごせたようです。

詳しいサマーキャンプの様子は別ブログに書いていますが、

Smileはたくさんの刺激を受けたのか、帰ってからも、難しかった言葉をノートに書き留めていました(関連記事『バイリンガルキッズとサマーキャンプ!』)。

綴りは Siriに “How do you spell ‘currency’?(「通貨」ってどう書くの?)”などと聞きながら書き留めていました。

今日のテーマは『多様性と多文化』だったのですが、キャンプ中に学んだのは こちらの言葉。

  • climate(気候)
  • tradition(伝統)
  • language(言語)
  • currency(通貨)
  • capital(首都)

“weather(天気)”は知っていても、”climate(気候)”を理解するのは難しい。

そして”money(お金)”は知っていても、”currency(通貨)”を理解するのは難しかったようです。

でも世界の国を比較しながら、言葉を学んだので、少しだけでも頭に残ったようです。

日々の暮らしで意識してきた「多様性」。

それを今回レッスンに落とし込み、こうやって子ども達と共有することができたのは、とても貴重な機会でした。

そんな機会をくれたOn Mom’s Lapにも感謝です。

明日は2日目。

また子ども達のキラキラした目を見れるのが楽しみです。

ついに?

5歳10ヶ月。

「いつか読むようになったときのために」と、だいぶ前にBOOKOFFで見かけて買った”The 39-Story Treehouse “。

最初のシリーズである”The 13-Story Treehouse“も買おうと思いつつ、しばらく前に見せたら あまり興味を示さなかったSmile。

なので 読むのはまだ先だろうからいいか、と買うのを先延ばしにしていたところ、

昨日、何となしに “The 39-Story Treehouse” を手に取って、読み始めたSmile。

ペラペラめくって いつものように閉じるのかと思いきや、しばらく読み進めている。

今日も移動先に持参して、どんどん読み進めています。

The 39-Story Treehouse (The Treehouse Books)

そんなこんなで焦って “The 13-Story Treehouse“をAmazonで注文。もうすぐ届くはずです。

それにしても、毎日 細切れ時間でも本を読み続けて、持久力がついたのか、ページ数が多いものでもモチベーションが下がらなくなってきました。

今でも自分で読むより、読み聞かせが大好きなSmileですが、読書も楽しめるようになってきたようで何より。

行きつけのコーヒー屋さんにてお絵描き。

最近は、塗り絵、お絵描き、読書など、座った動作も楽しめるようになってきました。年齢的なものも大きいと感じます。

ワークブックようやく1冊終わる

5歳10ヶ月。

ちょうど一年ほど前、ブレイン・クエスト Grade 1を始めましたが、それも ようやく終わりそうです(過去の記事『ワークブックを始めました』)。

Brain Quest Workbook Grade 1

気が向いたときに やる程度だったので、いつ終わるか検討もつきませんでしたが、残すところ あと1ページ。

Grade 2も欲しいところですが、他にやってみたいワークブックがあるので、しばらくはそちらを優先的に しようと思います。

始めた頃とは違い、書くことにも指示に従うことにも慣れてきたようで、横で少し補助するだけでよくなってきたので わたしもだいぶ楽になりました。

4歳の頃は罫線に沿って、一文字を書くのも大変でしたが、それも少しずつ速くなってきました。

Brain Questの良いところは、色んな科目が一冊にまとまっているところ。また来年になったらGrade 2も購入するか検討します。

近所のカフェにて絵日記時間。少しずつスペルを意識しながら 書くようになってきました。

最近の読書について

5歳10ヶ月。

Smileの読書に関しては、特に記録するほどでもなく、移動時間に緩やかに続けています。

でもこの数ヶ月で感じるのは、読みに対する持久力がついたことでしょうか。

絵の少ないチャプターブックを読み始めたのは、5歳3ヶ月あたりでしたが、やっと最近、文字が多めの本でも、手に取るようになってきました。

中でも 夢中になって読んでいるのが ”My Weird School“シリーズ。

他の方のブログにも 度々登場しているので、買ってみたところ、これが大当たり。ヘンテコな学校で繰り広げられる主人公の男の子と 変わった先生たちのお話。

My Weird School 21-Book Box Set

Smileもクスクス笑いながら読んでいます。

そして最近、読み始めたエルマーの大冒険シリーズの2冊目。Smileにはまだ難しいと思っていましたが、ストーリーが気に入ったようです。
The Dragons of Blueland (My Father's Dragon)

本を読む量が増えるにつれ、気になるのがSmileの語彙の量。

ライティングと同様、語彙の取組みも、発話が安定してからは特に何も取り組みをしていません。

でも、もっともっと本を読むようになれば、知らない単語にも出会うことが増えるはず。

6歳を目の前にし、少しずつ語彙を増やして行くことも視野に入れていかないとなぁと思いつつも、

いやいや、まだまだ本を楽しむだけでも良いか、と重い腰を上げるかどうか悩み中です。

2歳年上の親友と。

読書よりもこうやって大好きなお友達と遊ぶ方が 断然 楽しいSmile。引き続き、読書はバスや電車などでの移動時間のみになりそうです。