7歳のお誕生日

7歳0ヶ月。

9月22日はSmileのお誕生日でした。お友達を呼んで盛大に、という訳ではないけれどこの日は毎年ちょっと緊張します。

前の晩から壁にデコレーションをして、本人にバレないようにお誕生日プレゼントを隠しておくのが、Smileの年齢が上がり、勘が鋭くなるにつれて 大変になってきました。

半年以上も前からこの日を楽しみにしていたSmile。この日は欲しかった物をみんなからもらって本当に大興奮。

今年のプレゼントは、フランスのテレビアニメで、英語版も出ている『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』の衣装とおもちゃ。ハロウィンの衣装はこれで決まりです。

全身タイツがなんともシュール・・・。この10分前までは可愛いドレスを来ていたのが嘘のようです。

うちの両親からは、Smileが学童ではまっている、マンカラというボードゲーム。アフリカとか中近東から伝わる伝統的なゲームだそうです。

Smileと義兄が遊んでいるのを後ろから見ていましたが、ルールが意外と難しく、今だに理解していません。みんなが帰ったあともしばらく夫とずっと遊んでいました。

7歳は、6歳とあまり変わらないけれど、大きく変わったと感じるのは論理的思考力の発達。

今まではこういったゲームのルールもなかなか理解できなかったところはありますが、今は大人が負けてしまうほど手強い。

バイリンガル育児も気付いたら、始めてから もうすぐ6年経ちます。日本語の方が圧倒的に使いやすいようですが、それでも英語で本を読んだり、ワークをしたりして、細々と続けています。

あと一年ほどしたらアカデミックなスキルも少しずつ取り組もうと思います。

肺活量も試される風船を膨らます作業。今年もお誕生日を皆に祝福してもらい、ありがたい限り。

 

 

幼稚園に行かないという選択肢

6歳11ヶ月。

娘は自主保育のプリスクールで6歳まで育ったのですが、度々 今でも聞かれることがあります。

それは「集団生活を経験させなくて大丈夫だったか?」ということ。

教育や育児の方針は家庭様々ですが、わたしは娘に自主保育のプリスクールを選んでよかったと思っています。

集団生活は小学校に入学するまで経験したことのなかった娘ですが、気の合うお友達とは不定期にでも遊ぶ機会はあったし、

何より、娘に伝えたいことや教えたいことを自分である程度まで出来たというのは大きかったように思います。そして今 集団生活をどっぷり経験している娘を見ていても、少人数制の中で育ってきた弊害は見当たりません。

娘の通っていた自主保育のプリスクールでは、大人は遊びを提供する機会はありません。お当番の親は、子どもに言われて一緒に遊ぶことはありますが、基本的には子ども主体で遊びが始まります。

親は危険がないか、あるいは円滑に子どもたちがコミュニケーションを取っているか観察するだけ。

そのためか、娘も周りのお友達も自分たちで遊びを作り出すのがとっても上手でした。なんの変哲もないスカーフで いつまでも遊んでいたり、ブロックで色んな遊びを考えたり。

もちろん、自主保育という形態は、フルタイムでは働けないため、お母さんはどっぷりと育児にはまる必要がある。

そういう意味で働いているお母さんには難しい選択肢だし、働いていなくても 幼稚園の先生のような役割をお母さんもするので正直 疲れるは疲れます。

それでも 幼稚園に通わせないという選択肢もそれはそれでよかったなぁと感じる日々です。

娘も気がつけば もうすぐ7歳。集団生活でも元気にやっているようです。

小学校で育てた朝顔のタネを取っているSmile。

 

 

ハワイでバイリンガル育児

6歳10ヶ月。

一昨日はSmileのいとこのSくんが小学校初日だったので、一緒に付いていきました。

Sくんはキンダーまでは私立でしたが、小学校はハワイ文化により触れられるチャータースクールへ通い始めました。チャータースクールは、民間が運営する公立学校で政府からも補助が出ているとのこと。

姉曰く、ここの小学校が他と違うのは、ハワイ文化を重んじていて、のびのびとした環境で子どもが教育を受けられるところだそうです。

そして朝礼では、校長先生による長いお話ではなく、「きちんと呼吸をして、体に酸素を取り込む」、「自分のことも大事にして、相手を常に思いやる」といったアロハの心を持つことを話しているのも印象的でした。

朝礼では先生も子どももみんなハワイ語でチャント(祈り)を唄います。昨日はSmileも唄ってみたいということで、チャントを車内で練習してみることに。

姉から一語一語の意味を教えてもらいながら練習。帰り道でも「歌詞を見たい」と言うので、歌詞を見せたら、一人で読みながら練習をしていました。

ハワイ語は、わたしもSmileも文法や言語ルールを知りませんが、アルファベット読みに近いので英語が読めたら、なんとなく読めます。そのせいかSmileはハワイ語にも少なからず興味を持ったようです。

ハワイに来て、姉家族の日常に触れながら時間を過ごしていると、言語に付随する文化をより感じます。そういった言語に付随する文化も、状況に応じて吸収して欲しいし、使い分けられるようになって欲しいなぁと思います。

そして今回は、日本にいる時ほどバイリンガル育児をしている感覚はありませんでしたが、日本でやってきたことが目に見えるような形で表れているという実感はありました。

言語面というよりも、Smileのコミュニケーション力において大きな成長を感じつつ、この成長を妨げないようにわたしも見守っていきたいです。

Sくんの学校にて。初日で少し緊張した面持ちのSくん。

ハワイの聖地

6歳10ヶ月。

昨日はハワイ島のコナ方面からヒロに車で来たのですが、マウナケア山付近では人だかりが。

姉からは、超大型の望遠鏡の建設に反対する住民による大規模なデモが行われていると聞いていたのですが、かなりの人だかりでした。

マウナケア山は、ハワイ諸島の中で一番高い火山です。Smileが生まれる前に2回ほど登ったことがありますが、そこから見える景色は言葉を失うほどの美しさ。

ここはハワイ先住民にとっては、一番の聖地とされているようですが、今回はここに天体観測用に天文台が建てられるということで反対運動が起きているようです。

観光地として日本人にも人気のハワイ。でもここにも先住民の歴史はあり、アメリカを始めとする諸外国による影響で、その文化がどんどん消えつつある。

そこに日本も加わっているのを聞くと、科学の発展や教育のためとはいえ、悲しくなります。

グローバル化の背景には白人社会による植民地支配があり、英語の浸透によってなくなりつつある言語や文化もある、と以前書きましたが、バイリンガル育児をする際にこの点は忘れずにいたいと思っています(過去の記事『英語格差という問題』)。

Smileにも、ただ英語を話すのでなく、自分の生まれた国のルーツや文化も知って欲しいし、英語の背景にある歴史もいずれ知って欲しい。そしてわたしも学び直したい、と改めて思います。

これは10年ほど前にマウナケア山で撮影した日没後の景色。

【参考記事】

ハワイ・マウナケア山で新天文台建設反対のデモ続く

ハワイ島の超大型望遠鏡計画、先住民グループが工事を阻止

 

 

 

ハワイで結婚式

6歳10ヶ月。

おととい、姉の結婚式が無事に終了し、コナ滞在も今日が最後でした。今はもう1人の姉が住んでいるヒロへ移動し、姉の家でのんびりしています。

ハワイ式の結婚式を経験するのはわたしも初めてだったので、どのタイミングで何をやるのか、誰にどのようなレイをかけるのかもとても勉強になりました。

そして式ではSmileはフラワーガールを、甥っ子はリングボーイを。

ちょっと緊張気味に浜辺を歩いていたSmileですが、式の最後は甥っ子と2人で波ぎわで遊ぶなどビーチウェディングを存分に楽しんでいたようです。

その後は姉家族行きつけのレストランに移動してパーティ。Smileと甥っ子のSくんは、その日のもう一つ大事な任務、フラを踊りました。

最初はフラは難しいと言って、自信がなさげなSmileでしたが、振りも覚えて当日はやる気満々。2人とも、みんなの前で立派に踊りました。

踊った曲は、”You Are My Sunshine”。ハワイ語の歌詞もあって、何度聴いても心がホッと温かくなります。

 

フラワーガール、リングボーイの任務を終え、波際ではしゃぐ2人。

親子留学について

ハワイ島3日目。

昨日はわたしは姉の結婚式の準備を少しだけ手伝いつつ、Smileはウミガメを見にビーチまで行ったり、プールで遊んだりしてハワイでの時間を満喫しました。

大学院時代、ハワイに住んでいた頃はあまり意識したことはありませんでしたが、旅行でハワイに来ると、やはり日本とは時間の流れ方の違いを感じます。

日本では仕事や育児で考えることも多く、常に何かを考えることが癖になってしまっていますが、鳥のさえずりや蛙の鳴き声(コーキー)を聞きながら時間を過ごすというのは、本当に久しぶり。

こんな時間も大事だなぁと改めて感じています。

さて、今日は親子留学について思うことを少し書きたいと思います。わたしの周りでもよく耳にするくらい人気になってきた親子留学ですが、どの段階でどれくらい行くのがいいのでしょうか?

滞在先でどのようなプログラムに参加するかにもよりますが、年齢が低ければいいというものでもなく、年齢に関係なく英語力がある程度 ついていることが大原則と感じます。

ある程度の英語力というのは、現地で、親がいなくても先生の言っていることが分かるとか、お友達とある程度のコミュニケーションを英語で取れるレベル。

年齢にもよりますが、この土台が付いていれば、1週間といった短期のプログラムでも子どもが楽しめて、かつ効果も期待できるのではないかなと思っています。

というのも、土台がない状態で、大量のインプット(input flood)を与えても、インプットの要素には気がつかず、子どもの性格によってはそのインプットが不快にもなりかねないからです(過去の記事『意味のあるインプット』)。

そうならないためにも、親子留学する前の準備段階の方が何十倍も大切になってくる気がします。

仮に今お子様が3歳だとして、1年後に親子留学をしたいと考えている場合。発話がゼロの状態で親子留学をいきなりするよりも、基礎的な語彙(色、形、動物、乗り物、食べ物など生活周りで使う名詞や形容詞)を1年かけて身につけ、

簡単なやりとりは英語で出来る状態にしておくことで現地での滞在が生きてくるのではないでしょうか。

簡単なやり取りとは、何かを聞かれて”Yes/No”が言えるとか、トイレに行きたいことを伝えられる、簡単な要求をできるといったようなこと。

語学プログラムが組まれている親子留学についても基本的には同じです。現地のプログラムで英語力向上を目指すのではなく、現地に行くまでにある程度の土台を作っておけば得るものも大きくなります。

短期間でも長期間でも親子留学プログラムが生きてくるのは、数十分でも数時間でも、家庭で英語のサポートをどれだけできるか、ではないでしょうか(英語教室に通わせている場合は、宿題のサポートや絵本を揃えるなどのことでも効果は期待できます)。

今日は家族の結婚式本番。

Smileも、いとこのSくんとちょこっとだけ出番があるので今日はこの辺で。

いとこのSくんと、今日踊るフラを練習中。

 

 

ハワイ島へ

6歳10ヶ月。

家族の結婚式のために、ハワイ島のコナに来ています。

昨日、ハワイ島に住んでいる姉家族とも合流し、コナで一軒家を借りて滞在中。

コナに到着した初日は、山奥にあるドーム型の民泊に滞在。コナに来るときは大概 晴れのときが多いのですが、一昨日は日本で言う、ゲリラ豪雨のような雨。

雨の中、レンタカーで山道を登り、ドームに到着。ドームが浸水しないか心配でしたが、何とか大丈夫でした。

私たちが滞在したドームは、放牧場の中にあり、動物が一緒に暮らしていて、私たちが到着したとき、ちょうどオーナーが馬を飼育しているところでした。

写真の馬はなんと3時間前にその放牧場に加わったのだとか。その他にもヤギ、豚、犬、鶏などの動物がいて、オーナーが引き取って飼っているのだそうです。

オーナーやオーナーの家族に話しかけられて、娘も馬の手綱を持たせてもらったりして動物に触れ合う時間ができて何とも嬉しそうでした。

ハワイの地元の人が話す英語は、独特のイントネーションとアクセントがあるのですが、Smileは普通に聞き取っているようでした。旅の楽しさは、家族での時間もそうですが、こうやって現地の人と交流を持つことでしょうか。

さて、明日は結婚式。雨続きだったコナにもようやく太陽が顔を出しました。

寝起きで、生まれて初めてこんなに大きな虹を見て 大興奮するSmile。

 

洋書セール!と おうち英語

6歳9ヶ月。

今日は、恒例の紀伊国屋の洋書セールに行ってきました。

開店前に並び、カゴ一杯に洋書を選んで、ひと仕事終えた気分です。前回は、仕事用に絵本も多めに買いましたが、今年はSmileのための本ばかりをチョイス。

明日、手元に届く予定ですが、いつも通り、数年後を見越しての本もたくさん購入。手にとって読んでくれるといいなぁ。

そして、大量の洋書購入後の楽しみは、おうち英語仲間とのランチ会。

みんな、おうち英語を通して知り合ったお友達ですが、尽きない話であっという間に時間が過ぎてしまいました。

面白いのは、子どもの英語の話はほとんど出ず、自分たちがどれだけオタクかということで大盛り上がり。

方法は違えど、それぞれがバイリンガル育児にどっぷり浸かっているので、話す内容もマニアック。教育観も育児に対する考え方も似ているので、話は尽きません。

仕事が忙しくなり、Smileへのバイリンガル育児もなかなか時間が取れていませんが、細く長く続けていきたいと思います。

選ぶのに集中しすぎて、本の写真を撮り忘れたので、ランチの写真を撮ってみました。